• エナジードリンクと栄養ドリンク
    エナジードリンクというと栄養ドリンクと同じ部分もあり、また異なる部分もある。
  • エナジードリンクの印象
    エナジードリンクを飲む場面が最近増えてきている、という人は多い。
アーカイブ
カテゴリー

ファッション性

スポーツ選手がエナジードリンクを飲む姿に感化され、若者の間でエナジードリンクを飲む習慣が浸透してきたと述べたが、その他にも若者に受け入れられる様になった要因がある。

それは、パッケージの親しみやすさとファッション性によるものである。
栄養ドリンクに代表される、ビタミンや栄養を摂取するための容器といえば、茶色の瓶というイメージがあった。
一方、私達が普段親しみやすい清涼飲料水といえば自動販売機で販売されている、アルミ缶の飲み物である。
エナジードリンクはアルミ缶でのデザインが多いため、栄養ドリンクというよりは、より清涼飲料水としての親近感がある。

また、瓶ではなくアルミ缶で販売されることにより、缶全体にデザインを施すことが出来るようになったのも強みである。
便では浮き彫りのデザインが可能だが、色を付けることはできない。
また、栄養ドリンクはビタミンBが含まれるため、内容物が黄色になる傾向がある。
このため、透明なペットボトルなどではその黄色の内容物が目立つため、商品ごとの特色を出しにくい。
アルミ缶によって全体的に個性的なデザインを施すことが出来るようになったため、エナジードリンクごとに特徴のある効能をよりアピールできるようになった。

Comments are closed.